沖縄の自販

町でよく見かける自動販売機。
これらはその場所からなくなったり、また新しく設置させたりと、自分が良く通る場所では様々な状況があると思います。
そういった販売機を設置しているのはいったい誰なのかということを気になったことがある人は多いのではないでしょうか。
これらは多くの場合個人で、おいてある場所の地権者と相談し、販売機を置くということが多いというのが実状です。
こういった設置を合意に持っていけるということで、営業した結果、設置が決まれば、その報酬として業者または個人に報酬金が入るということとなります。
ですから、別に本職として仕事を持っている人が副業としての営業をしているという現状と言えるでしょう。
特に都心においてはこういった仕事は多くの利益を確保することができるために、従事している人は多いと言えるでしょう。
また地方においては自動販売機の商品が回転率が悪ければコストだけがかかってしまい、利益を得ることが難しいために、営業もそれほど多いとは言えません。

メリットには

こういった自動販売機を置くにはどういった人が判断しているのかということだけではなく、土地を提供する側の地権者にとってのメリットとは、やはり定額の報酬を受けることができたり、または歩合制で売れた分だけ利益をもらえるということでしょう。
ですから、人通りが多かったり、利用率が高い場所に提供場所を持っている提供者は、それだけ利益を得ることができるということが言えます。
また置いたからと言って、逆に費用がかかるということはありません。
電気代にしてもそのた保有するためのコストというものは業者側の費用であるためです。
また、道路沿いに置くということだけではなく、会社の社内や学校内なども提供場所としては良い場所であると言えるでしょう。
報酬の割合や方法はメーカーや業者によって様々なであると言えます。
 このように自動販売機が日本にはたくさんある中で、買うということだけではなく、利用している人が多くいるということが言えます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930